セダンの魅力ってなんだろう?

使い勝手

Whiteboard
Whiteboard / angela.colter

この3点

セダンにとっての使い勝手とは、運転しやすい、乗せやすい、ゴルフバックが積めるかどうか?の3点^^

セダンの大きな特徴として、トランクルームがあります↓

トランクルームで荷物をやり取りする様は、なにか「余裕」を感じるのは私だけではないでしょう^^
ステーションワゴンの方が、たくさん荷物の運べるしガバっと大きく開くから便利じゃないか!なんて野暮な事は言わないで下さいw

こんな比較してます

  • 小廻り小廻り
    Toyota Corsa “Sophia” / vetaturfumare – thanks for 2 MILLION views!!! 道幅が狭い道路や住宅街の運転、出かけた先での駐車の際に小廻りの効く車は重宝です。特に初心者や女性の方には小廻りの効くセダン車がおすすめです。 今回は小廻りの定義とともに、小廻りの効くセダン車をご紹介します。 小廻り=最小回転半径をチェックする! 小廻りの効くセダン車を欲しいとお考えならば、まずチェックすべき点は最小回転半径です。基本的にどの車のカタログにも掲載されているものです。 最小回転半径とは、目いっぱいハンドルを切った上での旋回時に一番外側のタイヤの中心が描く円の軌跡を数値化したものです。この円の半径を「最小回転半径」といいます。小廻りが効くセダン車を希望するならば必ずチェックしてください。 最小回転半径の小さいセダン車は? セダン車の中で回転半径5.1mと抜群の取り回し性能を持つのがホンダグレイスです。グレイスはセダン車の中でもボディサイズも小さく、取り回しが効くことから初心者の方や女性、運転が苦手という方でも運転しやすいセダン車です。 また、回転半径だけではなく燃費性が良いのも特徴でクラストップレベルのJC08モード燃費34.8km/Lです。販売価格も198万円弱からハイブリッドモデルを購入できるのもうれしいポイントでしょう。 セダン車というと、全長が長く、運転しにくい、取り回ししにくいというイメージがありますが、グレイスはそんな中でも大健闘しているセダン車です。 小廻りの効く国産車は減少傾向 国内では直進安定性、室内の広さなどの観点からホイールベースが長い車が増えており、小廻りの効く車は少なくなっています。 日本国内での運転では道路事情や駐車スペースからみれば、小廻りの効く車が便利なことは間違いありません。しかし車のグローバル化に伴い、小廻りよりも安定性があり室内が広い車が主流となっています。小廻りの効くセダン車を探すのもなかなか難しいかもしれません。 最新ランキング 過去のランキング
  • ホイールベースホイールベース
    Limousine / avatar-1 ホイールベース(英: wheelbase)とは、車両において、前輪軸と後輪軸との距離を表すもので、日本語で「最遠軸距」、または単に「軸距」と表記される。ホイールベースの単位は mmやインチ で表示されることが多い(バスなどはmで表示されることもある)。 ホイールベース – Wikipedia 車のホイールベースが長いと高速運転や長距離運転が楽、乗り心地が良いといわれています。ホイールベースは車を選ぶ際にも確認しておきたいポイントの1つです。 セダンは他の車種に比べホイールベースが長いといわれていますが、ホイールベースの長さによる影響や、ホイールベースの長いセダン車について紹介しましょう。 ホイールベースってどこのこと? ホイールベースとは車を真横から見たときに、前輪の中心から後輪の中心までの長さをいいます。ホイールベースの長さによって、運動性能や後部座席の居住性に違いが現れます。貴人や幹部役員などを乗車させることが多いセダン車の中でも高級車はこのような利点から選ばれているのです。 また近年、自動車は大型化が進みセダン車のホイールベースはより長くなる傾向にあります。 ホイールベースが長くなることでのメリットは? ホイルベースが長くなることで得られるメリットは、居住性の向上です。特に後部座席の足元のスペースが広くなれば、足を組みゆったりと座ることができます。足元が広くなれば荷物を置くこともできるようになります。数㎝の差でも、後部座席が広くなれば効果は大きくなります。 さらに直進の安定性が増し、高速道路などでは楽に運転することができます。車線変更の際にもゆったりとした動きになるので、余裕のある車線変更ができるでしょう。 ホイールベースが長くなることでのデメリットは? 当然ながら、ホイールベースが長くなれば小廻り性は悪くなります。フロントタイヤの切れ角の最大はサスペンションレイアウトによって決まります。サスペンションをいじっても最小回転半径を小さくすることは難しく、シンプルにホイールベースを延長すれば、それは回転半径が大きくなることとなり、小廻り性が悪くなるのです。ホイールベースが長いセダン車では取り回しが厳しくなるのは仕方のないことでしょう。 ホイールベースの長いセダン車は? 車はどんどん大きくなる傾向にあり、トヨタクラウンでは、8代目は2,730mmでしたが、現行の14代目は2,850㎜になっています。コアなファンが多い日産スカイラインは1980年に登場したR31型は2,615㎜だったのに対し、現行のV37型は2,850㎜。ホンダアコードも現行の10代目は2,830㎜になっています。平均して2,850㎜前後になっていることがわかりますね。 最新ランキング 過去のランキング
  • トレッドトレッド
    ruts / zappowbang セダンのトレッドはどの程度あるのでしょう? 車のサイズを見る際のポイントとして、車高や車幅、車長などがあります。それぞれ乗りやすいかどうか、運転しやすいかどうかを見極めるポイントになりますが、トレッドもセダンの乗りやすさに関係してくるものです。 では、セダン車のトレッドはどの程度あるものなのでしょうか。 トレッドは何を表すもの? トレッドは、車両の左右のタイヤの中心間距離(輪距)を指します。 セダン車の場合には、フロントトレッド、リアトレッドと表現されることもあります。 トレッドの単位はmmやインチで表示され、トレッド幅が広いということは、車幅の広い車であるとも言えます。 一般的にトレッド幅が広いとコーナリングもしやすく小廻りも効きやすいと言われるものの、車幅が広いため、一概には言えません。 トレッド幅が広くなるだけで印象がかなり変わるなー。 pic.twitter.com/hhSU1rvOrJ— ゆうや@コータ (@Kohta_xaid) October 14, 2019 フロントトレッドの広いセダン車は? 次に、フロントトレッドの広いセダン車にはどのような車があるのか、調べてみました。 セダン車の中で比較すると、フロントトレッドが広いのはメルセデス・ベンツのEクラスです。AMG E63-S 4Matic+ W213というモデルで、1,650mmのトレッド幅があります。トレッド幅が広いということはボディ全体も大きいということで、全長4995mm×全幅1905mm×全高1460mm。さらに排気量も3982ccあり、5ナンバー枠を超えています。4.0リットルクラスの大容量エンジンで、一般的には高級車になります。 国産車では、トヨタ カムリがトレッド幅1600mmになっています。A25A-FXS型エンジンを搭載するX2017/07モデルのカムリは、ボディサイズが全長4885mm×全幅1840mm×全高1445mmで、排気量は2487ccになっています。ベンツ同様、全長、全幅、排気量ともに5ナンバー枠を超えており、高級車ラインになります。 リアトレッドの広いセダン車は? 次にリアトレッドの広いセダン車にはどのような車があるのか、調べてみました。 こちらは、BMW 6シリーズ グランクーペで、1665mmになっています。ボディサイズは、全長5010mm×全幅1895mm×全高1390mmで、排気量は2979ccの3.0リットルクラスエンジンです。FR方式のエンジンのため、前輪は操舵、後輪は駆動という働きをするので、優れたハンドリング感を得ることができます。ドライビングの際に運転の質を大切にする人から大きな支持を集めています。 最新ランキング 過去のランキング
  • 室内の広さ室内の広さ
    Toyota Verso 2013 Interior / Toyota Motor Europe 室内長・室内幅・室内高の合計をミリ単位で比較セダンの室内の広さって、パッと見た目には大差ないように感じますが、これが長時間乗るとなると、大きく違いがわかります。 車の室内の広さって? セダン車といえば、室内の広さはイマヒトツ。そんなイメージがありますね。車の室内の広さは室内長、室内幅、室内高、シート周りなどさまざまな寸法のことをいいます。車室内の長さの前方の起点は計器盤の先端で、終点はリヤシートの後端になっています。 この中でも重視したいのが室内長です。室内の長さがあればあるほど、足元が広くなり居住性が高くなります。また室内高も高ければ高いほど、後部座席での視界が広くなり室内空間の容積はカタログに記載されていますが、荷室の広さまで掲載されている車輌は少なく、また室内寸法を測定するための基準も各社まちまちです。 セダン車の中で室内が広い車は? 国産車の中でも室内が広いのが日産自動車から販売されているシーマハイブリッドです。シーマは1988年に高級セダンとして販売されていましたが、2010年に一次的に生産、販売ともに中止されました。しかし、2012年にハイブリッド車として復活しました。長さ2.24m、室内幅1.54m、室内高1.19mと頭上から足元まで十分にゆとりのある室内設計は、どの座席にいても、家にいるかのようなプライベート空間を感じさせてくれるでしょう。日産におけるフラグシップカーとして今なお、君臨しています。 同じく、高級セダンとして君臨し、室内が広いのが3代目トヨタ・センチュリーです。センチュリーは1967年に誕生、以来ハイクラスのセダン車として日本を代表してきた車です。誕生して50余年、実に今までフルモデルチェンジは1度のみ、そして21年ぶりに2回目のフルモデルチェンジをし現行は3代目になっています。室内長2.17m、室内幅1.61m、室内高1.19mで、ラグジュアリーな室内空間、内装は乗っているだけで十分な満足感を得ることができるでしょう。 最新ランキング 過去のランキング
  • 乗り降りの高さ乗り降りの高さ
    Rearview mirror. / MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito) 雨の日の乗り降りって、セダンだと乗り込んだ後の傘のやり場に困る時ありませんか? やっぱりセダンなら^^↓ 出典:japtec.ir/日本のタクシーサービス/ セダン車は乗り降りが楽! 車に乗りこむ時と降りる時には、意外と背をかがめたり、足を畳んだりと足腰に負担がかかるものです。また、雨が降っている時なども、乗り降りに時間がかかるものです。 若くて元気な時にはあまり気にならないかもしれませんが、膝や腰に痛みを抱えている時にはつらいものです。 その点でいうと、セダン車は車高がSUVなどに比べて低く、乗りこみやすいものです。日本人の身長は高くなったとは言われますが、まだまだ背の低い人も少なくありません。高齢になればなるほど、その比率は高くなります。特にSUVやミニバンなどは、背伸びをしなければ座れなかったり、車の床に一度、足を乗せなくては座ることができない、など不便さを感じるものです。 この時、セダン車は活躍します。セダンの座席の高さならば、ドアを開けた後に座席に腰をおろせば乗りこみことができます。また降りる際にも地面に足を付けて降りることができるのです。高齢者に負担が少ない、小さなお子さんでも乗り降りが危なくないのがセダンの大きなメリットです。 そこで、最低地上高の車にはどんなものがあるのかみていきましょう。 乗り降りが楽なセダン車を比較してみよう 一番低いのが日産自動車から販売されているGT-Rです。2007年から絶大な人気を誇ったスカイラインGT-Rの後継者で、スカイラインの冠を取ってなお現在でも人気のセダンです。いわゆる走り屋と言われる人々からの人気が高く、車高も低いことが特徴でしょう。ポルシェ911にも勝るほどの圧倒的な加速と、そのパワフルな走行性能を保ちながら、徹底的なコストダウンを実現した、まさに高性能でありながら安価であるスーパーカーなのです。 また、世界中で人気のプリウス、プリウスPHVも地上高0.13mと低いセダンです。乗り降りのしやすさから、女性や高齢の方に人気なモデルになっています。 最新ランキング 過去のランキング
  • 燃料タンク容量燃料タンク容量
    Shell Gas Station / JeepersMedia セダンの燃料タンク容量を知っていますか? 近年、自動車はいかに燃費よく走行できるかをメインとして開発されています。エンジンの熱効率だけではなく、0.1km/Lでも燃費性能を良くするために自動車メーカー各社がしのぎを削っています。 燃費性能の良いセダンを選ぶためには燃料タンク容量も念頭に置いておかなければなりません。 セダンの燃料タンク容量はかなり大きめ さすがにセダンになると燃料タンク容量はかなり大きくなります。ハイブリッド車は増加していますが、まだまだガソリン車のほうが多い車種であることには間違いありません。 セダンの燃料タンク容量は車体の大きさや車重によっても異なるので、容量もさまざまです。 大きなものから小さなものまで比較していきましょう。 セダン車の燃料タンクが小さいものは? やはりここでも強いのがプリウスです。 Eグレードで38L、プリウスPHVで43Lになっています。今年、フルモデルチェンジをしたプリウスのEグレードはそれ以外のグレードに比べタンク容量は5L多くなります。また、EグレードのJC08モード燃費では、40.8km/Lで、それ以外のグレードの燃費は37.2km/Lです。タンク容量の違いは燃費に大きな差が生じることがわかりますよね。 容量タンクが40L前後のセダンはインサイト、グレイスが40L、ほか、ラティオ、カローラアクシオ、アウディA3、シビックセダンは40L台になっています。 少し大きなサイズになるのが、カムリ、インプレッサG4,ベンツCLAクラス、Eクラスなどになります。 タンク容量が小さくなれば、重量を抑えることができ、これによって多少ではありますが、燃費性能も向上されています。 タンク容量の大きなセダンは? なんと言っても大容量なのがクラウンセダンです。タンク容量は94Lと、車体も大きく、燃費もかなりのものになります。 燃料価格を140円/Lで計算すると13,160円もかかる計算になります。 最新ランキング 過去のランキング
  • 駆動駆動
    20120526 Hakone 5 / BONGURI セダンに限らず、クルマは前輪駆動と後輪駆動があります。 高級セダンは、4WDが増えたとはいえ、いまだFR(後輪駆動)が主流です。FRには主流であるためのメリットが大きいからです。 エンジンの位置がフロント(前方)なのかリア(後方)なのかの呼び名を合体して、 フロントエンジン・フロント駆動の場合、頭文字をとってFF(エフエフ) フロントエンジン・リア駆動の場合、FR(エフアール) となります。 FRセダンのメリットは? FRは、加速時に後輪に荷重移動することによって駆動輪のトラクションがかけやすく、フロントタイヤは操縦、リアタイヤは駆動という機能分担をすることができるため、自然なハンドリングがしやすくなります。 FFとは? 市販の車で現在、最も普及しているのがFF車です。フロントエンジン、フロントドライブの略で、駆動方式を意味します。いわゆる前輪駆動で、エンジンと駆動輪の両方が車両前方にある駆動方式で、エンジンの出力を後輪に伝ええるためのドライブシャフトの設定が必要ないため、室内空間を広くすることができます。またパーツもそれだけ少なくなるので軽量化も可能で、セダン以外にもミニバン、軽自動車など幅広い車種に採用されています。 FRセダンの代表車は? FRセダンで高級セダンといえば、トヨタクラウンアスリートです。1995年に高級車として登場、その後、何度とモデルチェンジを繰り返し、現在でも日本を代表とするセダンの1つです。2018年にはフルモデルチェンジでトヨタFR車初のTNGAを搭載し、デザインも一新されたことで話題を呼びました。 そして、伝説の86です。スバルとの共同開発で復活したトヨタ86は2021年フルモデルチェンジを実施、群馬製作所で生産し順次販売します。 また、同じくスバルとトヨタの共同開発で生まれたスバルBRZも代表的なFRセダンです。スバルを代表するスポーツカーとして台頭してきたBRZは人気も高く、86・BRZカップというレースもあります。 FF フロントエンジン・フロント駆動。 FR フロントエンジン・リア駆動。ドリフトするならこのスタイル。 RR リアエンジン・リア駆動。ポルシェやスマートでしか見れない、リアエンジン・リア駆動。三菱アイもか^^ MR ミッドシップエンジン・リア駆動。 最新ランキング 過去のランキング
  • 乗車人数乗車人数
    Bentley car interior with electronic dashboard / JCT600 セダンの場合には、乗車人数はほぼ5人設定になっています。2列目のシートに3人乗るのは、室内空間が広いセダンではないと乗り心地が悪くなってしまいます。 基本的に車は前席には2人しか乗れません。セダンでも広く乗りたいと思うなら、チェックすべきは後席のシートの横幅です。 シート幅はどれくらいあるのが理想? 体型にもよりますが、後席に大人3名が乗車することを想定した場合、シート幅は130cm以上あるのが理想です。1人分の幅が約44cm以上あると窮屈さは感じません。この幅を比較すると、コンパクトカーでは125cm以下の車が多く、中型車以上が快適、ということになります。 つまり、同じ5人乗りでも、シート幅によって感じる広さは全然違う、ということです。 また、FRや4WDならば後席フロア中央にトンネルがあるため、後席に3人乗せることを前提としているならば、避けたほうが良いでしょう。選ぶならば、FFでフラットフロアが理想的ということになるでしょう。 ボディサイズが大きめかつ、室内幅が大きいセダンのほうが、席の幅も広く、小さければそれだけ窮屈に感じてしまいます。 室内幅が大きく乗車人数が5人のセダン レクサスLSはセダンの中でも室内幅が広く2145mmあります。5人で乗るにしても十分な室内空間があり、ラグジュアリーな空間を楽しみながらドライブすることができます。室内長、室内幅、室内高を掛け算出した室内容積は4.0㎥になります。5人が乗車定員となるので、室内の容積を5で割ると、1人約0.8㎥のスペースを割り当てられることとなります。 非常に広い室内空間なので、車中泊も苦にならず、家族5人がすべて大人だとしても、全員がスペースにゆったりと腰を掛けられる理想的なセダンです。 ちなみにクルマにも上座下座があります↓ 出典:車やエレベーターの上座下座について|新入社員お悩み相談所 ドラマなどで、偉いさんが乗ってるシートって、やっぱり運転席の後ろですよね^^ 最新ランキング 過去のランキング
  • マニュアルマニュアル
    type r / brian.ch マニュアル車を好んで乗る人は意外と少なくありません。走りに対するこだわりを持つ人はマニュアル車を選ぶ傾向が強いでしょう。 ところが、国産メーカーでマニュアル車は限られているものの、セダン車は比較的、マニュアル設定アリの車種があります。 国産セダン車の中でマニュアル車はどんなものがある? セダンはミッション車つまり、マニュアル車は比較的多いかもしれません。 走り屋といえば代表格とえいるトヨタ86は、往年の名車と呼ばれるトヨタ レビン・トレノ(AE86)の名前を冠した、セダンです。86はトヨタとスバルの共同開発車で、スバルの水平対向エンジンを搭載、滑らかな回転にする自然吸気の水平対向エンジンを専用開発の6速MTで走行できるのが魅力的なスポーツセダンです。トヨタは、他にもカローラアクシオ、カローラフィールダー、カローラスポーツ、オーリスにもミッション車があります。 次いで、スポーツセダンの中でも人気を誇るのがマツダ ロードスターです。ロードスターといえば、初代ユーノスロードスターは圧倒的な認知度がありますが、マツダ ロードスターはユーノスから引き継いだ魅力満載のセダンで、直噴1.5Lエンジンを搭載、自社開発された縦置き用の6速MTが採用されています。マツダは他にも、ロードスターRF、アテンザ、アクセラ、CX-3、デミオにミッション車を用意しています。 マニュアルとは? マニュアルはMTと表記されることが多いですが、マニュアルトランスミッションの略で、手動による変速装置をいいます。会話の中では「ミッション車」の方が一般的かもしれません。オートマチックトランスミッション車よりもマニュアル車のほうが燃費性能は圧倒的に上にいましたが、現在では自動変速技術の向上によって、そのメリットもなくなっています。 とはいえ、マニュアル車は、自分でギア変速を行い、操縦感はオートマ車では味わえないほど楽しさがあります。マニュアル車は減少傾向ですが、走る楽しみ、操縦する楽しみを得たいならば、マニュアル車はおすすめです。 最新ランキング 過去のランキング
  • サイズサイズ
    Full-size cars / zenity79 セダン車の大きさをざっくりと比較します。サイズ感はどんな感じなのか、セダンに乗るならばサイズ感も大切な選択肢の1つです。 Sサイズ カローラのセダンクラスと言ったほうがわかりやすでしょうか? プリウスがSサイズ扱いになるなら、Mサイズでどんだけデカいんだよ!と思っちゃいますが、プリウスは全高が低いのでSサイズに収まりました。このクラスのセダン乗りは、「掛け値無しでセダンが好き」なんだと思います。燃費・使い勝手・室内荷室空間・価格、全てにおいてコンパクトカーの方が上だと思いますが、それでもセダンがイイという人のみ乗ってる現状。なので、このサイズで乗る人は、間違いなく生粋のセダン好きです。 狭い道でも対向車と難なくすれ違うことができ、排気量も1200cc~2000ccと経済的にも優れる実用車です。 Mサイズ マークXはMサイズになります。実用的かつ、高級感のあるサイズでもあり、背伸びをしてセダンに乗ってみたい方や、スポーティーなセダンを好む人にはMサイズのセダンがベストな選択です。 セダンは現在、昔ほどの人気はありませんが、このサイズは日本人が運転するにしても十分満足感があり、取り回しの面倒さもありません。 適度なサイズ感で車内も広く、実用的に乗り回すことができるため、ファミリーカーとしてもおすすめです。 このサイズはニーズがあります。 ・スポーティなセダンに乗りたい ・クラウンほど大きなセダンは運転が面倒 ・セダン乗るにはちょっと早いけど、背伸びしてでも乗りたい 上記ニーズを埋めるのはこのサイズがベスト。セダン人気が復活するならこのサイズかな?と推測します。 セダンのハイブリッドは、Mサイズクラスに集中しており、排気量も1500cc~3500ccです。 Lサイズ クラウンサイズ。大型セダン受難の時代です。 レガシイB4を見たときに「デケぇ」と感じましたが、いかがでしょうか?Lサイズになると大型セダンになります。 クラウンサイズがLサイズです。大型セダンと言われるサイズで富裕層に好まれるサイズでもあり、各メーカーの最新技術を投入、看板モデルがそろい踏みです。経済力と落ち着いた大人であることが乗っていて違和感を感じない条件となるでしょう。 逆に若い方が乗ると、違和感が出てしまいます。 外車の高級セダンに比べ、国産モデルの全幅は狭く、トヨタのクラウンは全幅1800mm、同クラスのヨーロッパ車では1875mmあります。排気量も2500~5000CCと非常にパワフルです。 XLサイズ レクサスLSクラスや昔のセルシオ、シーマクラスです。VIP感のあるサイズとデザインは経済力があるからこそ乗っていて違和感がなく、選ばれた人だけが似合う車であると言っても過言ではありません。 乗るのは金持ちかヤンキーのどちらかw いつかは運転手付きで乗ってみたいものです。 最新ランキング 過去のランキング

...

関連記事