セダンの魅力ってなんだろう?

大きさ

Cars

大きさ=ステータス

セダンに乗る人にとってクルマの大きさはステータスにもなります。つまり、大きなセダンに乗ってる=社会的地位のある人という意味合いもあります。運転手付きなら完璧です^^ そんなワケで大きさは、セダン乗りの大切な要素。 とはいえサイズが大きすぎたり、派手なセダンだったりすると妬み嫉みも気にしちゃうので、なんだかんだクラウンを選択する傾向に。

こんな比較してます

  • 小廻り小廻り
    Toyota Corsa “Sophia” / vetaturfumare – thanks for 2 MILLION views!!! 道幅が狭い道路や住宅街の運転、出かけた先での駐車の際に小廻りの効く車は重宝です。特に初心者や女性の方には小廻りの効くセダン車がおすすめです。 今回は小廻りの定義とともに、小廻りの効くセダン車をご紹介します。 小廻り=最小回転半径 小廻りの効くセダン車を欲しいとお考えならば、まずチェックすべき点は最小回転半径です。基本的にどの車のカタログにも掲載されているものです。 最小回転半径とは、目いっぱいハンドルを切った上での旋回時に一番外側のタイヤの中心が描く円の軌跡を数値化したものです。この円の半径を「最小回転半径」といいます。小廻りが効くセダン車を希望するならば必ずチェックしてください。 最小回転半径の小さいセダン車は? セダン車の中で回転半径5.1mと抜群の取り回し性能を持つのがホンダグレイスです。グレイスはセダン車の中でもボディサイズも小さく、取り回しが効くことから初心者の方や女性、運転が苦手という方でも運転しやすいセダン車です。また、回転半径だけではなく燃費性が良いのも特徴でクラストップレベルのJC08モード燃費34.8km/Lです。販売価格も198万円弱からハイブリッドモデルを購入できるのもうれしいポイントでしょう。セダン車というと、全長が長く、運転しにくい、取り回ししにくいというイメージがありますが、グレイスはそんな中でも大健闘しているセダン車です。 小廻りの効く国産車は減少傾向 国内では販売台数が見込めないので、海外ベースのセダンが増える傾向にあり、小廻りの効く車は少なくなっています。 日本国内での運転では道路事情や駐車スペースからみれば、小廻りの効く車が便利なことは間違いありません。しかし車のグローバル化に伴い、小廻りよりも安定性があり室内が広い車が主流となっています。小廻りの効くセダン車を探すのもなかなか難しいかもしれません。 最新の比較 過去の比較
  • 車体の大きさ車体の大きさ
    Ford Bronco / mybulldog 大型セダンは圧倒的な存在感と高級感があり、誰もが一度は乗ってみたいと憧れるものです。全長が長い車は大きなエンジンを搭載していたり、衝撃を緩和するスペースを大きく取っているなど走行面での安定性や、乗車した人がくつろぐことができる大きな室内空間、大量の荷物も積載可能なカーゴルーム採用のものが多いです。 また、大型セダンは乗っているだけで周囲へのアピール効果も抜群ですよね。 大型セダンにはどんな車がある? 輸入車セダン まずご紹介したいのが、BMW M760Li xDriveです。6592ccのV12エンジン搭載で、BMWのトップモデルである7シリーズの中でも最上級のモデルで、全長5250mmの車体でありながら、コーナリング性能が高く、運転を楽しむことができるリムジンです。800Nmのトルクのあるエンジンで、駆動は4WDになっています。 次に大型セダンは、ベンツS560 longです。全長5255mmとBMW M760と同等の長さを持っています。2017年7月にビッグチェンジし、サスペンションシステムを大きく改良。安全装備が増え、新に4リッターV8エンジンを搭載しています。燃費効率を向上させるために排気量は小さく、パワーも345kWにアップされています。ベンツというだけでも高級感を感じる上にこの大きさはまさに周囲を圧倒する存在感を示すのではないでしょうか。 国産セダン 国産も負けていられません。トヨタカムリは全長4885mmの余裕を感じるサイズのセダンです。日本では2.5リッターエンジンに電気モーターのハイブリッド車のみの販売になっています。優れた動力性能を実現し、クラストップレベルの低燃費を実現。高級感を感じながら、スタイリッシュさを持ち合わせるトヨタの10代目カムリです。2019年10月には、一部改良で、安全運転支援システムの新機能も追加されています。 最新の比較 過去の比較
  • 室内の広さ室内の広さ
    Toyota Verso 2013 Interior / Toyota Motor Europe 室内長・室内幅・室内高の合計をミリ単位で比較セダンの室内の広さって、パッと見た目には大差ないように感じますが、これが長時間乗るとなると、大きく違いがわかります。 車の室内の広さって? セダン車といえば、室内の広さはイマヒトツ。そんなイメージがありますね。車の室内の広さは室内長、室内幅、室内高、シート周りなどさまざまな寸法のことをいいます。車室内の長さの前方の起点は計器盤の先端で、終点はリヤシートの後端になっています。 この中でも重視したいのが室内長です。室内の長さがあればあるほど、足元が広くなり居住性が高くなります。また室内高も高ければ高いほど、後部座席での視界が広くなり室内空間の容積はカタログに記載されていますが、荷室の広さまで掲載されている車輌は少なく、また室内寸法を測定するための基準も各社まちまちです。 セダン車の中で室内が広い車は? 日産・シーマ 国産車の中でも室内が広いのが日産自動車から販売されているシーマハイブリッドです。シーマは1988年に高級セダンとして販売されていましたが、2010年に一次的に生産、販売ともに中止されました。しかし、2012年にハイブリッド車として復活しました。長さ2.24m、室内幅1.54m、室内高1.19mと頭上から足元まで十分にゆとりのある室内設計は、どの座席にいても、家にいるかのようなプライベート空間を感じさせてくれるでしょう。日産におけるフラグシップカーとして今なお、君臨しています。 トヨタ・センチュリー 同じく、高級セダンとして君臨し、室内が広いのが3代目トヨタ・センチュリーです。センチュリーは1967年に誕生、以来ハイクラスのセダン車として日本を代表してきた車です。誕生して50余年、実に今までフルモデルチェンジは1度のみ、そして21年ぶりに2回目のフルモデルチェンジをし現行は3代目になっています。室内長2.17m、室内幅1.61m、室内高1.19mで、ラグジュアリーな室内空間、内装は乗っているだけで十分な満足感を得ることができるでしょう。 最新の比較 過去の比較
  • サイズサイズ
    Full-size cars / zenity79 S・M・L・XL セダン車の大きさをざっくりと比較します。サイズ感はどんな感じなのか、セダンに乗るならば大切な比較要素の1つです。 Sサイズ カローラのセダンクラスと言ったほうがわかりやすでしょうか? プリウスがSサイズ扱いになるなら、Mサイズでどんだけデカいんだよ!と思っちゃいますが、プリウスは全高が低いのでSサイズに収まりました。このクラスのセダン乗りは、「普通にセダンが好き」なんだと思います。燃費・使い勝手・室内荷室空間・価格、全てにおいてコンパクトカーの方が上だと思いますが、それでもセダンが良いという人のみ乗ってる現状。なので、このサイズで乗る人は、間違いなくセダン好きです^^ 狭い道でも対向車と難なくすれ違うことができ、排気量も1200cc~2000ccと経済的にも優れる実用車です。 Mサイズ マークXサイズになります。実用的かつ高級感もでるサイズ感。背伸びをしてセダンに乗ってみたい方や、スポーティーなセダンを好む人にはMサイズのセダンがベストな選択です。セダンは現在、昔ほどの人気はありませんが、このサイズは日本人が運転するにしても十分満足感があり、取り回しの面倒さもありません。 このサイズはニーズがあります。 ・スポーティなセダンに乗りたい ・クラウンほど大きなセダンは運転が面倒 ・ちょっと無視してでも乗りたい 上記ニーズを埋めるのはこのサイズがベスト。セダン人気が復活するならこのサイズかな?と思います。 セダンのハイブリッドは、Mサイズクラスに集中しており、排気量も1500cc~3500ccです。 Lサイズ クラウンサイズ。大型セダン受難の時代です。 レガシイB4を見たときに「デケぇ」と感じましたが、いかがでしょうか?Lサイズになると大型セダンになります。大型セダンと言われるサイズで富裕層に好まれるサイズでもあり、各メーカーの最新技術を投入、看板モデルがそろい踏みです。経済力と落ち着いた大人が乗ってる印象。 逆に若い方が乗ると、ヤンチャ感がでます^^ 外車の高級セダンに比べ、国産モデルの全幅は狭く、トヨタのクラウンは全幅1800mm、同クラスのヨーロッパ車では1875mmあります。排気量も2500~5000CCと非常にパワフルです。 XLサイズ レクサスLSクラスや昔のセルシオ、シーマクラスです。VIP感のあるサイズとデザインは経済力があるからこそ乗っていて違和感がなく、選ばれた人だけが似合う車であると言っても過言ではありません。 乗るのは金持ちかヤンキーのどちらかw いつかは運転手付きで乗ってみたいものです。 最新の比較 過去の比較

...

関連記事