セダンの魅力ってなんだろう?

維持費

Cut costs
Cut costs / HowardLake

大型セダンに乗る人は「経費で乗る」「見合った経済力がある」なので気にしない人も多いのでは?あえていうなら2000cc以下のミドルクラスセダンなら比較的維持費は安い。燃費を気にするならハイブリッドモデル。

こんな比較してます

  • 重量税重量税
    Tax / Images_of_Money 自動車税は車重によって決まる 自動車税は正しく言うと、自動車重量税といいます。名前の通り、自動車の区分、重量によってかけられる税金をいいます。 自家用車では、0.5トン単位で税額が決められ、3トン以上になると同一料金になります。重量税はすべての自動車にかけられるので、軽自動車にももちろんかけられます。 重量税が安いセダンは? マツダ アクセラセダンは、エコカー減税対象外のもので、重量税が24,600円となります。同じく24,600円の重量税となるのは、アリオン、カローラアクシオ、クラウンセダン、プリウス、プレミオ、シルフィ、ティアナグレイス、シビックセダン、アテンザセダンなどがあげられます。 重量税が高いセダンは? 重量税が高く、41,000円となるのがレクサス、BMW 7シリーズになります。車重が重く、エコカー減税がないと、やはり重量税が高くなってしまうのはいたし方がないといったところでしょう。 最新の比較 過去の比較
  • 燃費燃費
    lotus,, / *suika * セダンといえば、高級車というイメージが強いため、燃費を忘れられてしまいがちですが、時代は燃費重視の流れになっています。セダンもハイブリッド車が非常に人気が高く、燃費の良いセダンに人気も当然集まります。 セダンの気になる燃費は? ひと昔前には日本の車を代表するのがセダンでした。上質な室内空間、デザインが特徴的ではあるものの、現在ではSUVやミニバンや軽自動車が人気となり、燃費が良くない、古臭いといったイメージになってしまいました。 しかし、日本でハイブリッド専用車かつエコカーを定着させた、あのプリウスもセダンです(このサイトでは)。現在のセダンの燃費性能は決して他のタイプに劣りません。 では、実際にセダンはどの程度の燃費で走行できるのか、今回は気になるセダンの燃費について解説します。 マークXにモード切り替えあるじゃん?ノーマル・Eco・Sport・Snowじゃん?アクセルのレスポンスは結構変わるけど、燃費変わんないよね…Ecoでのんびり走っててもリッター7,4程度、高速でようやく9kmくらい。ずっとSportでいい気がする…#マークX#セダン#燃費— のんくん (@nor56162440) November 6, 2018 ハイブリッドのセダンの燃費は? やはり、燃費でダントツ一位は、「トヨタ プリウス E」です。JC08モード燃費40.8km/Lで、JC08モード燃費においては、他車種と大きく差を付けています。世界初のハイブリット車として発売されたプリウスは、モデルチェンジを繰り返しながら、最新の技術を搭載し、今なお進化を続けています。 次いで燃費の良いセダンがホンダ のコンパクトセダン 「グレイス ハイブリッド EX」です。価格面においてもホンダグレイスは購入しやすい価格帯であり、JC08モード燃費は34.8km/Lとなっています。新型グレイスはホンダの先進技術である安全運転支援システムホンダゼンシングを搭載。コンパクトセダンの扱いやすいボエディサイズと、燃費の良さ、そして5ナンバーながらも上質で広い室内空間のグレイスも人気セダンです。 シビックのセダン、タイプRやハッチバックより馬力は落ちるけど、ガソリンはレギュラーだし、燃費もいいし、値段も安い、クーペみたいなデザインだからセダンもいいなぁ~。#ホンダ #シビック #ホンダシビック #セダン pic.twitter.com/T6bffcunoL— D.TAKA (@TAKA92917636) April 10, 2018 トヨタ、ホンダはハイブリッドに力を入れており、カローラアクシオ、ホンダアコードアイブリッドも燃費の良いセダンになっています。 ガソリンでのセダンの燃費は? ガソリンでのセダンの燃費は、ハイブリッドと比べかなり劣るものの、ホンダ・シビックセダンが19.4km/Lとなっています。続いてアリオン・プレミオが19.2km/L。インプレッサG4も17.2km/Lと必要十分な燃費となってます。 最新の比較 過去の比較
  • 排気量排気量
    Engine / Derin Allard セダンの排気量はどれくらい? 排気量は〇〇ccと表記されるもの。日本では1,500cc以下のコンパクトカーなど排気量の小さい車は人気です。一方で2,000ccを超えるような排気量の大きなセダンも根強い人気を保っています。 排気量の大きな車とは? 排気量が大きければ大きいほど、一度に発生する動力が大きくなり、発進もスムーズで坂道を上るのも余裕になります。また加速力もありますが、その代わりにスピードを出しても耐えることのできる頑丈なボディやブレーキ性能が必須となります。そのため排気量の大きな車は車体本体価格は高額になりがちになります。 セダンの排気量はどれぐらいある? セダン車は大きくても2,500cc程度が定番になっています。もちろんコンパクトセダンもあり、ラティオ(生産終了)は約1,200ccです。 多くのセダンは大体1,500ccと、乗りやすく、女性でも安心な排気量となっています。 ただし、カムリや、GSハイブリッド、フーガなど高級セダンは2,500ccと排気量は大きくなります。 また、クラウン、マークXは排気量が3,000ccを超えています。排気量が大きい車はガソリンも多く消費してしまい、3,000ccを超えると、燃費は10km/L以下となり、排気量の大きさを実現するため、エンジンも大きくなり、結果、車両本体価格は高くなるので、3,000ccを超える排気量のあるセダンは最低でも400万円近くからになります。 排気量と維持費の関係 排気量の大きい車は購入費も維持費も高くつくのがデメリットです。 排気量が大きい=大きな車=重い=重量税が高い 排気量が大きい=自動車税が高い 排気量が大きい=燃費が悪い 排気量が大きい=任意保険が高い 最新の比較 過去の比較
  • 自動車税自動車税
    tax / Sole Treadmill セダンの税金はいくらくらい? ビッグセダンが多いので税金は高め、というのが定番になりつつあります。ハイブリッド車などはエコカー減税を受けられます。しかし排気量が大きいので、プリウスでも、自動車税は39,500円と高めです。それよりも上のクラスになると自動車税は45,000円以上が普通となります。 確かにセダンは高級車が多いので、仕方がないかもしれません。 自動車税とは? ここで、自動車税についておさらいしてみましょう。自動車税は、自動車を所有している人は全員支払い義務があります。毎年5月末までに納付することになっており、排気量によって納税額が異なります。車種やモデルによって納税額が大きく変わります。 税額は排気量で決まります 参照:ソニー損保 ややこしいのが、新車登録の年度によって自動車税が変わるという事。つまり、車検証の年式が何年なのかで税額が変わります↓ 令和1年10月以降の車 減税になります。消費税10%になった以降の年式。 13年落ちの車 初年度登録から13年経過の車は増税になります。 最新の比較 過去の比較
  • タイヤサイズタイヤサイズ
    Tyres / paolofefe タイヤのサイズを確認してみよう タイヤの側面には、タイヤサイズが必ず記載されています。パッと見ただけではわかりにくいものですが、ここにはロードインデックスと速度記号が記載されています。ロードインデックスはタイヤの負荷能力で、速度記号はタイヤが対応できる最高速度を意味しています。 ロードインデックスの数字が91なら615kgを示し、数字が大きくなればなるほど負荷能力が高くなります。タイヤ交換の際には、負荷能力の低いタイヤにしてしまうと、タイヤが車の重さに耐えられなく恐れがあるので必ずチェックしましょう。 速度記号 S・・・180 T・・・190 H・・・210 V・・・240 W・・・270 Y・・・300超 Q・・・160 Qは主にスタッドレスタイヤに使用され、高性能のスポーツセダンの輸入車などはW規格やY規格が多く使われています。またアルファベット順にタイヤの側面が強い作りとなっており、同じタイヤサイズでもSとHのタイヤがある、などメーカーなどによって違う場合もあります。 タイヤサイズの比較 タイヤサイズが同じだとしても、高級セダン用や大型乗用車用のタイヤもあります。ロードノイズを抑え、静かな走行を実現するトレッドパターンが特徴です。車種に合わせ、適したタイヤを選ぶことは基本中の基本でしょう。 中型セダンにおすすめのタイヤ 中型セダンに向いているタイヤを選ぶ時には、走行を重視するのか、快適性を重視するのか2つのポイントがあります。 クラウンアスリートならば、新車に装着されているタイヤは運動性のあるポテンザで走行性重視になっています。 クラウンロイヤルであればミシュランのプライマシーLCがよく装着されており、こちらは快適性を重視したタイヤであることがわかります。 走行性を重視するならば、ブリジストンPOTENZA S007Aがおすすめです。オールマイティタイプのプレミアムスポーツタイヤで、快適でしなやかさが高くスポーツタイヤにありながら快適で日本人に向いています。 次に、グッドイヤーEAGLE F1 ASYNNETRI3はウエットグリップ性能が得に高いスポーツタイヤで、高剛性と高いグリップ力を持ち、耐摩耗性も持ち合わせています。雨の多い日本ではおすすめのタイヤでしょう。 大型セダンにおすすめのタイヤ 車重が重く、高馬力、高トルクで走行安定性も高く、最上級の乗り心地です。 ビッグセダンに向いているタイヤを選ぶ時には、高荷重を支える強靭さと走行安定性の高いもの、かつある程度の快適性脳がバランスされたタイヤになります。 強靭さを重視するならば、ピレリのP-ZEROがおすすめです。 超高剛性と高いドライグリップを持ち、高速域でも変形を抑えて接地面も変わらない為安心感があるタイヤです。次にミシュランの Pilot Sports 4Sはサーキットさえ走ることができるタイヤです。超高剛性でレスポンスも高速性能も高いにも関わらずしなやかで乗り心地も良いタイヤです。 最新の比較 過去の比較

...

関連記事